印刷業者に依頼してキレイなチラシ印刷を激安で!

入稿時期や方法でも料金は変化

インク

データ入稿や早期入稿を試してみよう

昔のチラシ印刷では、入稿を行う際には元となる媒体を印刷所へ提出する必要があります。それらの多くが原画と呼ばれる手書きの作品となり、この1枚を紛失または破損してしまった際には印刷する事ができないと言えるほど重要なものとなります。しかし、印刷業者が近くにあればいいのですが、遠く離れている場合には郵送で送る必要があります。この際に折れ目がついてしまったり、濡れるなどの事故が起こると印刷した際に大きく影響が出てしまうため、細心の注意を必要とします。こういった点からもチラシ印刷が注目されたのは最近と言われています。その大きな理由はデータ入稿と呼ばれるインターネット上での入稿方法が可能となったからです。今までは実物を作成して伝える必要があった情報も、パソコン上で作成した上で必要な項目や注文などを伝える事で印刷がスムーズになります。また、パソコンでの入稿になれば業者の元に原画が届くまでに時間がかからない事も格安に繋がる理由となります。注文先から印刷業者まで原画を郵送した場合、早くても1日のロスがあり、その分作業が遅れてしまうため締切と呼ばれる日時が短くなってしまうからです。それらもデータ入稿であれば心配いりませんし、原画チェックもパソコン上で行えるため簡単にミスや誤字脱字を発見する事ができます。しかし、チラシ印刷が格安になる理由はそれだけではありません。実は入稿時期を早めれば早める程、格安料金で印刷を依頼する事ができます。印刷業者ではチラシ印刷だけでなく様々な印刷プランにて納期日を設定しています。時間がない等の場合は翌日発送・当日発送を利用する事が可能ですが、逆に3営業日以上などの締切を設定する事も可能になります。中でも10営業日以上を締め切り日に指定すると通常価格よりも格安で依頼する事が可能になります。そのため、チラシ印刷を依頼する際に早め早めに準備をする事で格安設定が簡単に出来てしまうのです。